top of page
ギタークローズアップ



「北陸アコースティックフレンズ実行委員会 ( 略称: アコフレ) 」 は、
各ライブハウス様、協賛店様のご協力をいただきながら、
北陸で活動しているアーティストの表現の場の提供、
北陸のアコースティック界を盛り上げていきたいとの思いで設立しました。


石川県では路上で演奏できるところがそうありません。
クルーズターミナルを路上と見立てて、北陸でオリジナル曲などで活動している
アコースティックアーティストの演奏を年1度開催しています。

2024年は、能登半島地震のこともあり、会場に義援金箱を設置、ご協力いただけた方に
金額に関わらず1本のスイートピーを渡して、能登半島の大きなパネルの上に花を並べました。
義援金は翌日石川県の出納課へそのまま持参、87,876円の義援金を納めました。
出演者の中にはCDの売り上げを納めました。
能登半島のパネルと花いっぱいになったお花は、翌日、被災者が身を寄せる1.5避難所に持参
飾ってきました。大変喜ばれました。

音楽を通じて今回はこのようなこともできたこと。少ないスタッフでこの大きなイベントをやれたこと。
協賛店様、出演者様、アコフレマルシェの出店者様、クルーズターミナルの事務局様、そしてアコフレスタッフの皆さんの
ご協力のお陰です。感謝いたします。
今後も北陸のアコースティク界の大きなイベントとして今後も開催できるようスタッフ一同頑張りたいと思います。






 

 第4回 北陸アコースティックフレンズライブ

2024年2月25日(日)開催されました!

​出演者紹介動画

2024年2月25日(日)「第4回 北陸アコースティックフレンズライブ」沢山の方にお越しいただきました。

​北陸で活動しているアコースティックアーティスト10組によるライブ演奏ということで、それぞれが素晴らしい演奏をしていただきました。このアコフレの出演者は、協賛店様の推薦により出演者を選ばせていただいておりました。
トップはオープニングアクトとして高校生の「Nana」、2番手は、アコフレ実行委員であり、主催の「Aster」が3曲ずつ演奏しました。

第4回目のスタートを飾る「Nana」は、若く、キュートな彼女の演奏に会場が癒されました。

2番目の「Aster」は、結成8年目、今年7周年のAster。全てオリジナル曲で、2曲目に震災を受けて作った曲を披露。ステージから見る会場は静止して見えた。

3番目は、若手の「沼田さちえ」が独特の世界観で演奏し、魅了した。

4番目は、「数馬」。彼は、ピアノ弾き語りとギターの弾き語り、甘い歌声が会場に響いておりました。

5番目は、「きゃんたく」地震の被害にあわれた拓朗さんの演奏中の叫びが会場に響きじーんときました。。

6番目は、「ホリケン」。手を怪我をされて、通常では1人での弾き語りですが、本番は沼田さちえちゃんのギター武田さんに入っていただき、今回は歌での披露でした。

7番目は、結成3年目の「grazioso」。元々ソロで活動していた2人。ギターの腕前はもちろん、オリジナル曲での2人のハーモニーが素敵でした。

8番目は、ちゃおさんの代役となった「Tamu-Yasu」コンポラリーダンスで歌とキーボードで演出するその姿は、会場もどよめいた。

9番目は、『今日、休みます。腹痛につき』さとうみかほとタカハタマサトのユニットに今回はカホンに奥田夫妻が入った四人編成。会場を楽しませた。

10番目は、カスタムボックス。5人編成でボーカルの癒しの歌声と、懐かしのフォークソングで会場を楽しませた。

これらの模様は、実行委員によるYouTube配信をしておりましたが、音声トラブルのため、開始10分ほど音が無い状態で配信され失礼いたしました。(※後日編集して改めて公開いたします)

この会場で、アコフレマルシェも開催。29ブースと7台のキッチンカーが出揃い。賑やかな会場となりました。

また、今回は椅子だけでなく、テーブル席を用意したことで、長時間のライブもみなさんゆったり過ごされておりました。

入口付近では、協賛店様のアピール動画、ライブ配信の様子として2台のモニターにて流しておりました。

そして今回は能登半島地震による被害を受けられた方へと、アコフレでも協力したいと、会場内に義援金箱を設置。

ご協力いただけた方にはスイートピーの花をオアシスに刺してもらい、それを大きな能登半島のパネルの上に並べていくという企画を設けた。

その花を添えるカップひとつひとつには己書さんのご協力により、皆さんに一文字やメッセージを書いてもらい、

パネルの上に置かれた。

翌日その花は1.5避難所の中に飾り、義援金は県の出納課に箱ごと持ち込み計算していただきまして、87,876円の義援金をお渡ししました。

出演者のAster、数馬などがCDの売り上げをすべて義援金とした。

北陸アコースティックフレンズライブは、元々はコロナ禍で歌う場所を失った時に、自分たちで広い会場で、自分たちの責任で

配信という手を使い、当時7つのカメラで配信をして音楽を届けたことからスタート。今年で四回目を迎えることができた。

これも、ご協力してくださった。石川県のライブハウス様、協賛店様、アコフレマルシェの出店者様のご協力で開催ができております。

そして、広い会場を、準備から撤収まで頑張ってくれたアコフレ実行委員、応援スタッフのお陰です。

石川県で、アコフレという音楽イベントが今後も続けていけるよう、実行委員として頑張っていきます。

​YouTubeでは当日の模様がアーカイブされてご覧いただけます。

 

DSCF3480_resize
DSCF3296
DSC_1016
DSCF3320
DSCF3329
DSCF3366
DSCF3345
DSCF3373
DSCF3415
DSCF3429
DSCF3453
DSCF3379
DSCF3242
タイムスケジュール入りチラシ.jpg
アコフレ4フライヤー表A4_20240123.jpg
アコフレ4フライヤー裏0217.jpg

アコフレ第4回 ​2024年2月25日
出演アーティスト

【出演者】 実行委員より紹介

【Nana (ナナ)】 ☆Oneボーカルスクール推薦 高校生枠

高校生枠として、今年も協賛店Oneボーカルスクールの生徒さんの出演です。小学生の頃よりウクレレ弾きがたりを始め、現在高校二年生。シブスタ2022で『ミクチャ賞』『超十代賞』を受賞。ボイトレで磨かれた心地よくクリアな歌声を、ウクレレにのせて表現します。

【アコースティックユニットAster】

2021年8月~「北陸アコースティックフレンズライブ」を開催。

​Asterとはギリシャ語で「星」という意味。星のようにキラキラと輝きながら演奏していきたい。

今回はオープニングアクトで演奏いたしますよろしくお願いいたします。

【沼田さちえ】

☆Live&CafeBar Buzz 推薦

活動再開したさちえちゃん。パワフルで感情を歌に乗せて弾き語ります。

少し大人になったさちえちゃんの演奏をお楽しみに!

【数馬】☆ホンキーハウス 推薦

小松市出身、数馬。ギターとピアノの二刀流で弾き語りを披露していただけます。

彼の甘い歌声と素晴らしい演奏は魅了すること間違いなし!

【きゃんたく】☆アコフレ実行委員 推薦 スペシャルゲスト

拓朗・きゃんちゃんのスペシャルユニットでの出場。

二人の歌声で会場を盛り上げてくれることでしょう!

【ホリケン】☆メロメロポッチ 推薦

フォークミュージシャンとして石川県内でライブ活動しています。フォークロック的曲調で大人の演奏を披露いただけます。

【ちゃお】☆シルクビート 推薦

サングラスの向こうに優しい瞳のちゃお。今回はバンド形式で歌声を披露していただけます。

【grazioso】☆美研デザイン工房 推薦

第一回目のアコフレ出演はコロナ渦のため完全無観客YouTube配信ライブで出演。

今回は是非とも沢山のお客様の前で演奏して欲しい。二人のハーモニー、演奏は心に響きます。

【今日、休みます。腹痛につき】☆LIVEHOUSE TSUDOH KANAZAWA 推薦 

県内外で活動している、こちらも第一回目アコフレ出演者。同じく今回は有客でのライブを、と再びアコフレのステージに立ちます。二人の息のあった素晴らしい演奏をお楽しみください。

【カスタムボックス】☆ノエルフュージョン推薦枠 

昭和のフォークソング、ポップスを中心に演奏しています。バンド形式の素晴らしい演奏をお楽しみに!

第4回 アコフレ協賛店様

第4回アコフレマルシェ